ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社
  • ホーム
  • プレスリリース
  • 2016年
  • 日本事務器、クラウド型 メールセキュリティサービス 「Email Security あんしんプラス」の販売開始
    ~「標的型メール」や「ランサムウェア」対策を実現~

日本事務器、クラウド型 メールセキュリティサービス 「Email Security あんしんプラス」の販売開始
~「標的型メール」や「ランサムウェア」対策を実現~

2016年07月05日

 日本事務器株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 啓一、資本金:3.6億円、以下:NJC)は、クラウド型セキュリティ対策サービス「あんしんプラスシリーズ」(注1)のメニューを拡充、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下:トレンドマイクロ)の「Trend Micro Hosted Email SecurityTM 」をベースに当社のサポートサービスをプラスした、クラウド型メールセキュリティサービス「Email Security あんしんプラス」を2016年7月より販売開始いたします。

 

 販売目標は、2016年度で150社への導入を予定しております。

 

 昨今、急増する標的型サイバー攻撃による情報漏えい被害において、93%が「標的型メール」をきっかけに社内ネットワークへの侵入が発生(注2)したとされています。

 また、ランサムウェア感染を狙った攻撃も急増しており、標的型サイバー攻撃同様、起点はファイルが添付されたメールによる侵入とされています。

 

 本サービスでは、こうした背景に対応すべく、メールに起因して侵入する不正プログラムやスパムメール、フィッシング詐欺対策を実現します。さらに、クラウドサンドボックス機能により、標的型メールやランサムウェアなどで使用される未知の脅威(注3)をより高い精度で発見し、対処できるため、クリーンなメールだけを送受信することが可能です。

 

 また、本サービスは、クラウド型サービスとして提供するため、ユーザ企業にて管理サーバを構築する必要がなく、導入時の初期投資や構築に関わる時間を抑えることができます。

 

 「Email Security あんしんプラス」の主な機能及びサポート内容は以下の通りです。

1.主な機能

(1)高度な脅威検索

パターンベースによる検索と強力なヒューリスティック検索(注4)とを組み合わせて使用することで、標的型攻撃で使用される文書の脆弱性やその他の脅威を検出します。
既知および未知の高度な脅威を識別し、パターンにまだ追加されていない新型の脅威からシステムを保護します。

 

(2)クラウド型サンドボックス

クラウド型サンドボックスによる、動的解析に対応しています。サンドボックス上でウイルスなどの挙動を分析し、標的型攻撃への対応をより高度に行うことができます。

 

(3)ソーシャルエンジニアリング対策

ソーシャルエンジニアリング(注5)攻撃対策機能として、メールのヘッダー、件名、本文などの内容を照査し、標的型攻撃を含む、電子メール経由のソーシャルエンジニアリングの検知を行います。

 

(4)コンテンツフィルタ

キーワード、用語集、添付ファイルの特性、およびその他のフィルタルールに基づいて、メールメッセージと添付ファイルをフィルタできます。フィルタルールは、管理者により設定の変更や作成が可能です。

 

(5)脅威メール隔離保存機能

エンドユーザメール隔離機能により、スパムメールを単にガード、消去するのではなく、各自の個人アカウントおよび、自分が所属する配布リストのスパムメールを一定期間隔離し、再確認することができます。

 

(6)Google AppsTM やOffice 365連携

受信に加え、送信メールのスキャンに対応しています。両サービスに組み込まれた基本的なセキュリティ対策よりも高度な対策を施すことができます。

2.サポート内容

  • ヘルプデスク
  • 隔離メール解析
  • 不正送信メール監視

販売パートナー募集について

本サービスを販売していただけるパートナー様(代理店様)の募集を開始いたします。

販売パートナーの詳細情報
http://www.anshinplus.jp/partner/

「Email Securityあんしんプラス」の詳細情報

http://www.anshinplus.jp/service/email-security/

 

サービス提供イメージ

「Email Securityあんしんプラス」サービス提供イメージ図

価格

月額標準価格 150円/メールアカウント~(税別)
 ※詳細はお問い合わせください。

 

 

 なお、本発表につき、トレンドマイクロ株式会社より以下のエンドースメントを頂戴しています。

 

 トレンドマイクロは、日本事務器株式会社様によるクラウド型メールセキュリティ「Trend Micro Hosted Email SecurityTM」を採用したメールセキュリティサービス「Email Security あんしんプラス」の提供開始を歓迎いたします。

 日本事務器株式会社様は、既に「あんしんプラスシリーズ」として、当社製品を採用したPCやスマホ、ゲートウェイ、サーバを保護するセキュリティサービスにおいて豊富な実績をお持ちです。

 それらの既存サービスと本サービスを組み合わせることにより、エンドポイントからサーバ、ゲートウェイ、ネットワークまでの幅広いセキュリティ対策において、運用負荷を削減したセキュリティ強度の高いサービスを、お客さまに提供頂けることを期待しています。

トレンドマイクロ株式会社
上席執行役員 大場章弘



※Trend Micro Hosted Email Securityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。

※Google、Googleロゴ、Google Appsは、Google Inc.の登録商標または商標です。

※Office 365は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※本文中に記載されている各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

 

以 上

 

(注1)「あんしんプラスシリーズ」について
サーバからクライアントPC、モバイルデバイスまでワンストップでトータルに対応できるクラウド型セキュリティ対策サービスです。2012年5月にシリーズ化いたしました。
「あんしんプラスシリーズ」の詳細情報
http://www.anshinplus.jp/新しいウィンドウが開きます


(注2)トレンドマイクロ(株)「国内標的型サイバー攻撃分析レポート2016年版」より引用。


(注3)全ての「未知の脅威」の検出を保証するものではありません。


(注4)ヒューリスティック検索とはパターン照合ではなくウイルスに特徴的な挙動の有無を調べる手法です。未知のウイルスや亜種などにも対応することができます。


(注5)ソーシャルエンジニアリングとは不正侵入を果たすためにコンピュータ技術やネットワーク技術を利用するのではなく、侵入に必要なIDやパスワードを物理的、心理的な手段で取得する手法です。宅配便や官公庁を装うなど、手口が巧妙になっており見抜くのが難しくなっています。

 

[本件に関するお問合せ先]

◆報道関係からのお問合せ先
経営企画部 広報担当/増田
IP電話:(050)3000-1501
FAX:(03)3372-1450
e-mail:staff@njc.co.jp

 

◆サービスに関するお問合せ先
事業推進本部 ITプラットフォームソリューション企画部/橋本・西浪
IP電話:(050)3000-1523
e-mail:seplus@njc.co.jp

ページトップへ