ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社

日本事務器、Windows Server 2003サポート終了に伴う 移行支援サービスを提供開始

2014年04月09日

 日本事務器株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 啓一、資本金:3.6億円、以下:NJC)は、2015年7月15日(日本時間)、Microsoft Windows Server 2003の延長サポート終了に伴い、安全で最適な環境へ移行するための支援サービスを、本日より提供開始いたします。

 

 各種有償サポートやセキュリティのアップデートが提供されなくなると、脆弱性への対処ができず、サーバのウイルス感染や悪意ある攻撃による被害など、さまざまなリスクが懸念されます。

 Windows Server 2003のサポート終了まで1年3ヶ月となり、システム全体の移行プランを検討・実現するには猶予期間があまり残されておりません。

 NJCでは、これまで培った業務ノウハウと最新のテクノロジーをベースに、お客様の業務運用に応じたスムーズな移行を実現いたします。

 

 まず、第一弾として、ITインフラの現状調査から移行プランニング、環境構築、データ移行、導入後の運用管理までをトータルに支援する以下の2つのサービスを提供いたします。

1.クラウド移行支援サービス

 既存のWindows Server環境をクラウド環境へ切り替えて、イノベーションの実現を検討されているお客様向けのサービスです。

 クラウドサービスの利用により、様々な環境変化に柔軟にな対応ができるとともに、初期投資の削減、環境構築期間の短縮、日々のサーバ運用管理の負荷低減など、従来抱えていた課題が解消され、コストの適正化が図れます。

 今回提供するサービスでは、メールやグループウェア、ファイルサーバ環境のクラウド化とあわせて、システム基盤全体を、IaaS環境(クラウドホスティングサービス)で構築、将来の展望を見据えたスモールスタートが可能となります。

 最新のテクノロジーを活用したクラウドサービスにより柔軟なワークスタイルと業務革新を支援いたします。

2.サーバ移行支援サービス

 既存のWindows Server環境をお客様の運用に合わせ、最適な環境へ移行するサービスです。
移行先は、自社内(オンプレミス型)、またはデータセンター、どちらかのロケーションを選択することが可能です。データセンターへの移行は、BCP対策としても有効であり、WAN環境も含めたシステム基盤を提案いたします。


 選択されたロケーションへ以下の目的別サービスにて、環境を構築いたします。


(1)サーバを集約し、ITリソースの有効活用を実現するための、仮想化基盤構築サービス。
「仮想化アセスメントサービス」により、現状調査を実施、VMwareもしくはWindows Server 2012(Hyper-V)をベースとした仮想環境を構築いたします。


(2)既存環境を継承し、「Active Directory」、「ファイルサーバ」、「メールサーバ」を最新のOS(Windows Server 2012)へ移行するためのサービス。
現在ご利用中のサーバ機能別に最適な移行支援サービスを提供いたします。

サービスラインナップ(随時拡充予定)

今後は、ITインフラの移行に加えて基幹システムなど、さまざまな業務システムの移行支援サービスを拡充し、お客様の将来を見据えた最適なIT環境をトータルに提供してまいります。

本サービスの詳細情報

http://www.njc.co.jp/windows-server-2003.html

以 上



※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

※その他記載されている各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

[本件に関するお問合せ先]

◆報道関係からのお問合せ先
経営企画部 広報担当/増田
IP電話:(050)3000-1501
FAX:(03)3372-1450
e-mail:staff@njc.co.jp

 

◆サービスに関するお問合せ先
事業推進本部 プラットフォームソリューション事業推進部/中村
IP電話:(050)3000-1523
e-mail:seplus@njc.co.jp

ページトップへ