ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社
  • ホーム
  • プレスリリース
  • 2009年
  • 健診機関様向け 新総合健康管理システム「CARNAS(カルナス)」発売開始
    ~施設内健診から巡回健診まで幅広い健診業務をサポート~

健診機関様向け 新総合健康管理システム「CARNAS(カルナス)」発売開始
~施設内健診から巡回健診まで幅広い健診業務をサポート~

2009年03月25日

 日本事務器株式会社(略称:NJC、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 啓一、資本金:3億6千万円)は、健診業務を支援する新総合健康管理システム「CARNAS(カルナス)」を平成21年4月1日より発売開始します。

 

 CARNASは『その先にあるのは、受診者様一人ひとりの笑顔です。』を基本コンセプトに、定期健診から人間ドックに至るまで、また施設内健診から巡回健診まで幅広い健診業務をトータルにサポートします。また、医療保険者様や受診者様個人向けの情報・サービスの質的向上をご支援するソリューションとして提供してまいります。

 

 NJCはCARNASを全国の健診機関様向けに、3年間で120システムの販売を計画しています。

 

 NJCは全国40ヶ所の営業・サポート拠点をベースに幅広い分野のITソリューションを積極的に展開しています。ヘルスケア事業では、お客様である医療・健診機関様と更にその利用者様の目線で、『医療情報』を中心に、『保健・健診』『介護・福祉』の三分野連携を視野に企画・導入から運用・保守までトータルヘルスケアソリューションをご提供してまいりました。健診機関様向けには、現在総合健康管理システム「HI-net/21」をご提供し、大手健診機関様を中心に250機関のお客様にご愛顧いただいております
 更に、医療・健診機関様の安心・安全なシステム運用をご支援するために、ヘルスケア事業のソリューションに適した各種運用支援サービスをパック化した「MACH(マッハ)」をご提供してまいります。健診機関様で必要とされるサービスレベルに合わせたご利用が可能となります。

CARNASの発売に当っての背景とターゲット

 平成20年医療制度改革の一環として、メタボリックシンドローム予防に重点を置いた、特定健診・特定保健指導の制度が開始されました。この制度では、特定健診の実施及びその成果に関する具体的な目標の達成が求められています。健診機関様では、医療保険者や受診者に対して、効果的な健康管理を行うサービスを提供していくことが必要となります。

 NJCではこのような健診機関様のご要望にお応えするため、特定健診・特定保健指導の制度対応システムの第一弾として平成20年4月に特定保健指導支援システム「HealthcareMaster(ヘルスケアマスター)」を発売開始しました。このたびの新製品は第二弾にあたり、健診システム「HI-net/21」(平成13年10月発売)の後継システムとして、増大する日常業務の効率化と施設内健診から巡回健診まで幅広い健診業務をサポートする機能を強化致しました。これにより、単独施設から複数施設を展開している大規模施設まであらゆる健診機関様への対応が可能となりました。

 CARNASの具体的な特長とシステム機能は以下の通りです。

CARNASの特長

●使いやすさを追求し日常業務の効率化を向上

  • 結果入力時の入力サポート機能により、精度・スピードアップを実現
  • 時系列結果表示やグラフ表示で、測定値の推移をわかりやすく表示
  • 予約状況を視覚的・直感的に把握できる、バーチャートと枠数表示
  • 検索結果による一覧表示の際、グループ化や項目の並び替えなど利便性を向上
  • 判定支援機能により、リアルタイム判定・バッチ判定と現場運用に合った対応が可能
  • コミュニケーションツール採用により、部門間の連携を強化

●単独施設から、複数施設展開の大規模施設までをカバー

  • 過去の健診結果を受診施設に関係なく参照し、経年結果の表示や報告の出力可能
  • 後日別施設で検査や受診した場合も一元的にデータ管理が可能

●あらゆる健診業務をパッケージで対応

  • 定期健診から人間ドックに至るまで、また施設内から巡回健診まで幅広い健診業務に対応

●多岐にわたる帳票作成を簡単・便利に実現

  • 帳票作成ツール(Excel対応)採用により、出力項目設定がユーザ側でも簡易的に作成可能
  • 労働安全衛生法様式5号(健康診断個人票)、様式6号(定期健康診断結果報告書)の作成が可能
  • さまざまな報告統計表の作成が可能

●特定健診から特定保健指導までトータルにサポート

  • 特定健診対応システム「CARNAS」と特定保健指導対応システム「HealthcareMaster」(弊社製品)の連携により「特定健診・特定保健指導」をトータルにサポート

●医療・保健連携(属性)の推進支援

  • 弊社製医療事務システム「MAPS(マップス)シリーズ」との患者属性情報の連携が可能

CARNASの機能

  1. 基本機能
  2. 団体管理、契約管理、受診者管理、予約業務、準備業務、受付業務
    結果入力、結果報告、請求管理、フォローアップ、統計業務
    コミュニケーション、セキュリティ

  3. オプション
    判定支援、進捗管理、協会けんぽ、巡回・手配、特定健診
    外部接続(医療事務システム)

    画面イメージ

    メニュー画面

    メニュー画面
    【掲示板機能】や【メッセージ機能】は、施設部門間の連絡や情報共有ツールとしてお使いいただけます。【Myメニュー機能】はスタッフのルーティンワークに合わせて、自由に設定できます。

    予約状況画面

    予約状況画面
    予約状況はバーチャートで直感的に把握でき、表示設定変更で枠数も表示可能です。また、ボタンで検査別(機材)・コース別の予約状況表示の切り替えができます。

    (参考)NJCトータルヘルスケアソリューションコンセプト

    NJCトータルヘルスケアソリューションコンセプトの図

    [ この件に関するお問い合わせ ]

    ◆リリースについて
    日本事務器株式会社
    経営企画部 広報担当
    [IP-TEL]050-3000-1501
    [e-mail]staff@njc.co.jp

    ◆製品について
    日本事務器株式会社
    医療・公共事業推進本部 販売企画部
    [IP-TEL]050-3000-1508
    [e-mail]iryou@njc.co.jp

ページトップへ