ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社
  • ホーム
  • プレスリリース
  • 2011年
  • 大学図書館情報システム「NeoCILIUS(ネオシリウス)」をバージョンアップ ~ファセットブラウジングや書影表示、外部Webサービスとの広範な連携を実現~

大学図書館情報システム「NeoCILIUS(ネオシリウス)」をバージョンアップ ~ファセットブラウジングや書影表示、外部Webサービスとの広範な連携を実現~

2011年03月10日

日本事務器株式会社(略称:NJC、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 啓一、資本金:3.6億円)は、大学図書館情報システム「NeoCILIUS(ネオシリウス、以下NeoCILIUS)」を機能強化し、 「Ver.5」としてリリースいたしました。今回のバージョンアップはこれまでご好評いただいておりました利用者サービス機能および業務側機能について機能強化したものであります。

主な機能強化の内容は以下のとおりです。

  1. ファセットブラウジング
    • OPACの検索結果一覧に対して、様々な条件を指定し一覧画面上でリアルタイムに絞り込みを行う機能です。
  2. 自動書影表示
    • 株式会社紀伊國屋書店様のオンラインストア「BookWeb」より、資料の表紙画像を自動的にダウンロードして表示いたします。
  3. リンクリゾルバ連携
    • OPAC上の書誌をリンクソースにし、リンクリゾルバの中間窓を呼び出す機能です。お使いのリンクリゾルバのバナー画像をセットすることも可能です。
  4. RefWorks(レフワークス)連携
    • 学術情報・論文情報の管理ツール「RefWorks」に対し、OPACで表示中の書誌情報をオンラインで送信することが可能です。
  5. 分館別カレンダー表示
    • トップページにおいて、分館ごとの開館時間、行事名などが表示されたミニカレンダーを表示することが可能です。
  6. 外部データベースリンク拡張
    • 詳細書誌からリンクできる外部データベースに学術文献データベース「CiNii(サイニー)」と世界最大の書誌データベース「OCLC WorldCat」を追加いたしました。

今後の展開

昨年11月開催「第12回図書館総合展」で参考展示し、大変ご好評いただきました「Twitter連携」、「Evernote連携」などの機能についても今後追加していく予定です。こちらもあわせてご期待ください。



※既に「NeoCILIUS KnowledgeOPAC2」をご導入いただいている図書館様には、無償で「Ver.5」へバージョンアップいたします。


※今後、新規に「NeoCILIUS」をご導入いただく図書館様には、その時点での最新バージョンにてリリースいたします。


※本文中に記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

[本件に関する お問い合わせ先 ]

◆報道関係からのお問合せ先
経営企画部 広報担当/増田
IP電話 (050)3000-1501
FAX (03)3372-1450
e-mail staff@njc.co.jp
URL http://www.njc.co.jp

◆製品に関するお問合せ先
事業推進本部 医療・公共ソリューション事業推進部 高橋
IP電話 (050)3000-1508

ページトップへ