ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社
  • ホーム
  • プレスリリース
  • 2009年
  • NJCが基幹システムと連携する入出荷検品システム 「CORE Plus qbic epick」を発売開始
     ~バーコードの無い商品への対応機能や商品推測入力機能を搭載~

NJCが基幹システムと連携する入出荷検品システム 「CORE Plus qbic epick」を発売開始
 ~バーコードの無い商品への対応機能や商品推測入力機能を搭載~

2009年04月07日

 日本事務器株式会社(略称:NJC、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 啓一、資本金:3億6千万円)は、入出荷検品システム「CORE Plus qbic ePick(コアプラス・キュービック・イーピック)」を、本日より販売を開始します。

 

 「CORE Plus qbic ePick」は無線ハンディターミナルを使用して、入出荷検品・ピッキング・棚卸など、物流倉庫内における作業の標準化および簡素化を実現し、ロット・有効期限・ロケーション等の物流管理水準向上をご支援するソリューションとして提供してまいります。
NJCは倉庫内荷役業務を行う企業向けに年間20本の販売を見込んでいます。
また、販売価格は1ライセンス出荷機能:150万円~、入荷機能:120万円~、棚卸機能:70万円~ご提供いたします。

 

 昨今、物流現場においては、賞味期限等出荷期限の厳格化、燃料費・消耗品費の高騰、人材の安定確保など、様々な課題が課せられています。「CORE Plus qbic ePick」は、最新技術によりこのような課題解決をご支援するものであります。

CORE Plus qbic ePickの特徴は以下のとおりです。

  • バーコード無し商品でも運用可能
  • 商品推測機能(バーコードやマスタが不完全でも商品を特定し入力が可能)
  • 入荷・出荷検品時のロット検査(有効期間、逆転、混在、残り日数)
  • 作業効率化を推進する多様なピッキング方法選択
  • ペーパーレスでの運用が可能
  • 複数メーカーの無線ハンディターミナルを利用可能
  • 上位システムとのデータ交換用標準インタフェースを装備
  • オプション機能選択方式で低コストの導入が可能
  • 導入前のシステム運用コンサルティングをメニュー化

以 上

[ この件に関するお問い合わせ ]

◆リリースについて
日本事務器株式会社
経営企画部 広報担当
[IP-TEL]050-3000-1501
[e-mail]staff@njc.co.jp

◆製品について
日本事務器株式会社
事業推進本部
業種ソリューション事業推進部
[IP-TEL]050-3000-1516
[e-mail]coreplus@njc.co.jp

ページトップへ