ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社

食品安全管理対策セミナー ~ HACCP/FSSC 22000 ~

開催日2018年5月24日(木)
時間14:00~16:30(受付13:45~)
参加費無料
定員15名
開催場所 会 場 名:日本事務器株式会社 中部支社
住   所:愛知県名古屋市中村区名駅南2-14-19 住友生命名古屋ビル11F
アクセス:
  • JR・地下鉄・名鉄・近鉄…名古屋駅より 笹島交差点方面
  • ・ミヤコ地下街6番出口から徒歩6分
    ・サンロード5番出口から徒歩7分
主催

日本事務器株式会社

協賛

ペリージョンソンホールディング株式会社
株式会社サン・プラニング・システムズ

お問い
合わせ先

日本事務器株式会社 中部支社 ITソリューション営業部(担当 後藤、中村)
[IPTEL]050-3000-1667
[FAX]052-586-1748
[email] gotou_h@njc.co.jp

お申込み

ご案内

HACCPの制度化による我が国の食品衛生管理の国際標準化が求められている現代、HACCPの導入によって品質の良いものを生産提供することは「品質保証の競争に勝つ」という意味でも今後さらに重要なポイントとなっていきます。
第一部では、HACCPの導入・運用にあたり、業界の動向と今すべき対策をご紹介致します。
第二部では、複数の文書作成が求められるHACCP文書を効率的に作成・メンテナンスできる専門ツール『HACCPクリエータ』を活用することで生産性の向上・効率UPを実現する方法を事例を交えながらご紹介致します。
新たにHACCP導入を目指す企業様、HACCP取得済みだが運用に苦労している企業様、どちらの企業様にも有効なセミナーです。

セミナー内容

第一部  14:00~15:30

今、実施すべき食品安全対応 米国FSMAとHACCP、GFSI承認スキーム

講師:ペリージョンソンホールディング株式会社 

2015年より米国食品安全強化法(FSMA)の各規則の公表がはじまり、いよいよ本格的な実行段階に入りました。
また、欧米の卸・小売企業と取引している食品メーカーでは、米国の規制導入に関らずGFSI承認スキーム等、国際基準に基づく食品安全規格への対応が求められ、国内においてもHACCP義務化に向けた動きが本格化しております。米国食品安全強化法の最新情報と食品安全規格の現状について解説します。

第二部  15:40~16:20

HACCP文書化専門ツール 『HACCPクリエータ』のご紹介

講師:株式会社サン・プラニング・システムズ 

誰でも、素早く、簡単に」を実現するHACCP文書化専門ツール『HACCPクリエータ』をご紹介します。HACCPの認証取得において、負荷が高い作業がHACCP文書の作成です。
『HACCPクリエータ』は、フローダイアグラムの圧倒的な生産性と、ハザード分析表、OPRP/CCP表の自動出力と取り込み機能により、HACCP文書の作成工数と維持工数を大幅に削減します。
HACCPクリエータの操作性と機能についてデモとユーザー事例を交えながらご紹介します。

質疑応答  16:20~16:30

セミナー詳細、FAXお申込み用紙(1.39MB)

お申し込み

当ホームページからお申し込みが可能です。下の「お申し込み」のボタンをクリックして必要事項を入力してください。

お申込締切:2018年5月23日(水)

お申込み

イベント、セミナーの内容について、予告もなく変更する場合が有りますので予めご了承ください。

ページトップへ