ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社

徹底解説!物流現場の改善ポイントを知る
入出荷検品“体験”セミナー in 埼玉

開催日2018年2月22日(木)
時間13:30~16:40(受付開始 13:15)
参加費無料
定員20名
開催場所 会 場 名:川島町民会館 会議室2
住   所:埼玉県比企郡川島町大字下八ツ林926-1
アクセス:
  • バスの場合
  • ・JR川越線・東武東上線「川越駅」から 東武バス鴻巣免許センター行き
    ・鴻巣駅行き「八ツ林(川島町役場入口)」下車徒歩15分
  • お車の場合
  • ・関越自動車道東松山インターチェンジから15分
    ・首都圏中央連絡自動車道(圏央道)川島インターチェンジから7分
主催

日本事務器株式会社

協賛

日本電気株式会社

お問い
合わせ先

日本事務器株式会社 関東信越支社 ソリューション営業部 IT営業グループ(担当 吉田)
[IPTEL]050-3000-1630
[FAX]048-641-7949
[email] yoshida@njc.co.jp

お申込み

ご案内

誤出荷を防ぐため、賞味期限やロット番号のチェック、トレーサビリティーなど、取引先からの要求にこたえるため、倉庫の現場では日々大変な苦労をされているケースがあります。
ハンディーターミナル、バーコードを使った入出荷検品や棚卸作業ができるとしたらもっと効率よく、もっと正確な作業ができるのではないでしょうか。物流品質の向上が他社との差別化へのアピールポイントとなりませんか?
本セミナーでは、入荷・出荷・棚卸作業を体験していただきながら、弊社物流コンサルタントが倉庫業務における改善の方向性を成功事例を交えて徹底解説します。

セミナー内容

第一部  13:30~14:40

改めて考える検品作業の必要性

講師:日本事務器株式会社 

・まずは体験!入出荷検品作業はこんなに大変!
・作業ミスや負荷がかかるポイントと現場の苦労
・改善の方向性と期待効果
・再び体験!楽々入出荷検品作業!

第二部  14:50~16:00

シーン別 物流現場における改善事例のご紹介

講師:日本事務器株式会社 

・入荷における改善事例
・出荷における改善事例
・棚卸における改善事例

第三部  16:10~16:30

事例企業が採用した入出荷検品ソリューション

講師:日本事務器株式会社

・上位システムを問わないシステム連携
・メーカーや機種を問わないハンディーターミナルの選定 など

質疑応答  16:30~16:40

セミナー詳細、FAXお申込み用紙(1.35MB)

お申し込み

当ホームページからお申し込みが可能です。下の「お申し込み」のボタンをクリックして必要事項を入力してください。

お申込締切:2018年2月21日(水)

お申込み

イベント、セミナーの内容について、予告もなく変更する場合が有りますので予めご了承ください。

ページトップへ