ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社

セキュリティ対策セミナー
AIを駆使して「未知の脅威」を防ぐ
- 昨今のサイバー攻撃の動向と最新の防御 -【中止】

本セミナーは都合により中止とさせていただきます。既にお申し込みいただいたお客様、および参加を検討されていたお客様にはご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

開催日2017年10月19日(木)
時間13:30~17:00 (受付開始 13:15)
参加費無料
定員50名
開催場所 会 場 名:エムオーテックス株式会社 東京本部 セミナールーム
住   所:東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス5階
アクセス:
  • JR品川駅(港南口)より 徒歩10分
主催

日本事務器株式会社

共催

エムオーテックス株式会社
Cylance Japan株式会社

お問い
合わせ先

日本事務器株式会社 営業本部 営業統括部 ITソリューション販売推進部(担当 金澤)
[IPTEL]050-3000-1733
[FAX]095-827-8227
[email] d-knzw@njc.co.jp

ご案内

今年に入り WannaCry をはじめとするランサムウェアの世界的な大規模感染が立て続けに発生するなど、大きな話題となりました。
大量のランサムウェアの亜種が日々発生しているように、サイバー攻撃は常に変化し継続的に行われています。このような状況では、エンドポイントにおけるマルウェア対策には従来型の対策とは異なる考え方が必要です。
本セミナーでは、昨今のサイバー攻撃の動向をあらためて解説するとともに、ライブにて実物の新種・亜種のマルウェア検知デモをご覧いただき、「プロテクトキャット Powered by Cylance」で如何にエンドポイントで未知の攻撃への対策が実現できるかご紹介します。

セミナー内容

第一部  13:30~14:00

昨今のサイバー攻撃の動向と対策とその対策への課題

講師:日本事務器株式会社

近ごろ「WannaCry」「Petya」といったランサムウェアの感染被害や、WordPress、Apache Struts2 の脆弱性を突いた攻撃により、Web の改ざんやクレジットカード情報の漏えいがニュースになりました。
本セッションでは、これら昨今のサイバー攻撃の動向を解説するとともに、その対策の方向性について最新動向をご紹介します。

第二部 14:15~15:45

人工知能による予測型防御の有効性 AI アンチウイルスの実力検証

講師:Cylance Japan株式会社

2017年5月に世界を襲ったWannaCry、1か月後の6月下旬にはGoldenEyeと、立て続けに未知のランサムウェアが猛威を振るっています。エンドポイントの防御はこれまで以上に強化する時代に来ています。パターンファイルで守る時代から、AIで守る時代へ。実際に未知のランサムウェア、マルウェアを検知する場面もリアルタイムにお見せしながら、AIの持つ検知力の威力をご紹介いたします。

第三部  16:00~17:00

AI と流入経路追跡で実現する標的型攻撃・ランサムウェア対策

講師:エムオーテックス株式会社 

日々巧妙化するサイバー攻撃とその対策はいたちごっこで、企業を悩ませる課題の1つです。シグネチャ型での対策が限界を迎えつつある中、次世代のセキュリティは人工知能の活用に期待が高まっています。本セッションでは AI を活用した「ウイルス対策ソフト CylancePROTECT」に付加価値をつけた(次期バージョン情報を含む)LanScope Catシリーズ「プロテクトキャット Powered by Cylance」をご紹介いたします。
未知のマルウェアに対しての課題に加え、原因追求の遅延化による再発や、クローズドネットワークにおけるシグネチャ更新の課題なども解決できるソリューションをご紹介いたします。

セミナー詳細、FAXお申込み用紙(1.17MB)

お申し込み

お申込締切:お申し込みは終了しました。

ページトップへ