ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社

施設基準 適時調査対策 & 病院情報セキュリティ対策セミナー ~医療業界の最新動向を読み解く~

開催日2017年8月25日(金)
時間【展示会】13:00~17:30
【セミナー】13:30~17:00
参加費無料
定員70名
開催場所 会 場 名:日本事務器株式会社 11階
住   所:東京都渋谷区本町3-12-1 住友不動産西新宿ビル6号館 11F
アクセス:
  • 都営地下鉄大江戸線 「西新宿五丁目」駅 徒歩3分
主催

日本事務器株式会社

共催

日本電気株式会社

お問い
合わせ先

日本事務器株式会社 首都圏支社 医療・公共ソリューション営業部(担当 小宮山)
[IPTEL]050-3000-1605
[FAX]03-3372-1531
[email] komiyama_s@njc.co.jp

お申込み

ご案内

来る2025年に向けて、我が国の医療制度は大きな改革を迎えつつあり、病院経営にたずさわる皆様方におかれましては、この変革の時代の中で生き残り、さらなる発展を遂げるための経営戦略に常日頃から考えをめぐらせているものと存じます。
今回のセミナー第一部では、病院収入に大きく関わりをもち、かつ近年増大している施設基準の適時調査への対策について解説させていただきます。併設の展示では、日常の看護勤務管理や施設基準届出にあたって必要な様式9作成支援を行うシステムを展示させていただきます。
また、第2部セミナーでは情報セキュリティ対策セミナーとして、患者様のカルテという重要な個人情報を扱う医療機関においてのセキュリティ管理について、課題と対策を解説させていただきます。
今後の病院経営戦略策定のための情報収集の場として活用いただければ幸いです。

セミナー内容

第一部  13:30~15:00

実践!適時調査対応 『ずばり、施設基準、届出医療の管理はこう行う!』

講師:  京都府保険医協会事務局長/保険連病院対策事務局小委員  花山 弘 氏

適時調査の実施件数、それに伴う返還額が、業務が厚生局に移管された2008年10月以降、激増。その後も高い数字で推移しています。入院料等の施設基準を届出している以上、適時調査を回避することはできませんし、また届出医療の日常管理を怠ることはできません。
また近年、全国的に適時調査の実施方法が変更されています。
そこで、今回のセミナーでは、「実践!適時 調査対策『スバリ、施設基準、届出医療の管理はこう行う』」と題して、2016年度診療報酬改定の内容や適時調査の変更点を盛り込んだ上で、入院料を中心に、日常管理や適時調査対策で必ず押さえておきたいポイントを、みなさんと考えながら解説させていただく予定です。

第二部  16:00~17:00

医療分野における情報セキュリティ ~医療機関特有の課題とその対策~

講師:トレンドマイクロ株式会社

高度にICT化が進んだ現代社会において、情報資産の価値が非常に高まっていますが、それはすなわち過失による情報漏えい事故や、情報資産を狙ったサイバー攻撃による被害による損失も非常に高まっているということを意味します。
本セミナーでは、今年5月から被害をもたらしているランサムウェア「WannaCry」や、「改正個人情報保護法」、「医療情報の安全管理に関する ガイドライン(第5版)」といった最新の情報セキュリティにまつわる動向をふまえながら、医療機関における情報セキュリティ対策について解説いたします。

システム展示会  13:00~17:30

看護勤務管理・様式9作成支援システム 『ナース物語ナイスプランⅡ』

講師:エムシーエス株式会社

日常の看護師勤務表の作成・管理を支援するシステムです。登録されている職員情報をもとにしたシフト表の自動生成を行うことが可能です。
また、看護師の勤務実績を元に、入院基本料の施設基準の届出に必要な、厚生労働省指定「様式9」の作成も可能です。様式9の作成にあたって集計・計算ミスを防ぐとともに、作成業務の負担も大きく軽減することができます。

セミナー詳細、FAXお申込み用紙(1.97MB)

お申し込み

当ホームページからお申し込みが可能です。下の「お申し込み」のボタンをクリックして必要事項を入力してください。

お申込締切:2017年8月24日(木)

お申込み

イベント、セミナーの内容について、予告もなく変更する場合が有りますので予めご了承ください。

ページトップへ