ITトータルソリューション&サービス NJC 日本事務器株式会社

改正個人情報保護法の概要
企業の漏洩リスクとその対策 個人情報管理対策セミナー in 大宮

開催日2017年6月8日(木)
時間14:00~16:00 (受付開始 13:45~)
参加費無料
定員10名
開催場所 会 場 名:日本事務器株式会社 関東信越支社
住   所:埼玉県さいたま市大宮区仲町3-13-1 住友生命大宮第二ビル 7F
アクセス:
  • JR線、東武線、埼玉新都市交通(ニューシャトル)
    「大宮駅」東口より 徒歩7分
主催

日本事務器株式会社

協賛

株式会社OSK

お問い
合わせ先

日本事務器株式会社 関東信越支社 ソリューション営業部 IT営業グループ(担当 山本)
[IPTEL]050-3000-1630
[FAX]048-641-7949
[email] yamamoto_ar@njc.co.jp

お申込み

ご案内

マイナンバー法施行に伴い、関連が深い個人情報保護法も2015年9月改正法案が可決されました。
一番大きな影響としては、法規制の対象が5,000人以上の個人情報を保有する企業からすべての企業へ変更された点です。
今後1件でも個人情報を保有している企業はその対象となり、当然漏洩事故が起きてしまった場合のリスクは、想像に難しくありません。
当セミナーでは、改正前後の個人情報保護法の概要とその対策を具体的にレクチャーさせていただきます。

セミナー内容

第一部  14:00~14:50

個人情報保護法対策セミナー 改正個人情報保護法の概要・漏洩リスクとその対策

講師:株式会社OSK

2017年5月には、改正個人情報保護法が全面施行され、従業員を1人でも雇用している場合には、法人・個人を問わず「個人情報取扱事業者」となり、個人情報保護法に則って、安全にかつ適切に個人情報を扱っていくことが求められます。
個人情報の中でも、要配慮個人情報や特定個人情報は、取り扱える担当者を明確にし、他の者が扱えないように運用していかねばなりません。

第二部  15:00~15:40

個人情報保護法対策ソリューション Excel管理では危うい個人情報をセキュアなデータベース管理へ 「DREAMTRAIN CRM Quick Creator」のご紹介

講師:株式会社OSK

個人情報保護法の改正により、「顧客情報リスト」などは適切に管理されなければなりません。Excelファイルなどで共有することは手軽な反面、改ざん、拡散、誤送など、紙で保管するよりもリスキーと考えます。電子化された情報にアクセス権限を与え、証跡を残すには、まずはデータベース化することをお薦めします。それは、情報を活用する意味でも重要なことです。そして、案外簡単に出来る事をセミナー中でご紹介します。

課題解決のソリューション個別相談会  15:40~16:00

昨今、情報の取り扱いが騒がれておりますが、多くの企業様が対策方法に悩まれております。お気軽にご相談ください。
※セミナー紹介製品の実機もご用意しております。

セミナー詳細、FAXお申込み用紙(1.52MB)

お申し込み

当ホームページからお申し込みが可能です。下の「お申し込み」のボタンをクリックして必要事項を入力してください。

お申込締切:2017年6月5日(月)

お申込み

イベント、セミナーの内容について、予告もなく変更する場合が有りますので予めご了承ください。

ページトップへ